やっと見つけた!? 最強のネックピロー「Trtl Pillow ネックピロー」

私はずっとネックピロー難民でした。良さそうなモノがあると聞けば、買って試すの繰り返し。しかし、その長い旅もようやく終わり。いま使っているネックピローはホント、最強、最高だと思います。

前にもこの記事で「ネックピロー難民も終わり」と書きましたが、あれからもいろいろ探していて、昨年ついに見つけたのが「Trtl Pillow ネックピロー」。この素晴らしさを以下にまとめました。



1. U字型じゃない!まるでマフラー

https://jp.trtltravel.com/products/trtl-travel-pillow

ネックピローというとU字型が定番ですよね。首にかけるあの形が当たり前とずっと思ってきました。

形はU字型だけど、素材がいろいろ。というのがこれまでのネックピローだったと思います。でも、「Trtl Pillow ネックピロー」はU字型じゃないのです。

マフラーのように首に巻き付ける形なのです。これがすごい。

柔らかいフリース地でできたネックピローの内部には、伸縮性のあるフリッパー(フレーム)が入っていまして、これが首をギブスのように支えてくれるわけです。

2. 人間工学に基づいて首を支えてくれる!?

フリッパーの内部はこんな形。

https://jp.trtltravel.com/products/trtl-travel-pillow

アルミ製のフリッパーは固くもなく、柔らかくもなく。適度にしなる柔軟性のある構造なので、どんな人の首や顎、肩にも合うと思います。で、①の部分が首を支えてくれるわけです。

番号の付け方がいまいちわかりづらいですが(メーカーのサイト)、特許を取得した構造で、とにかく付けてみるとびっくり。首がフリッパーによって保たれるので、寝ても首が痛くならない!

機内で睡眠をとった後に感じるあの痛さ、原因は首が横に行ったり後ろに行ったりすることでおきるわけですが、このネックピローならそうした動きを抑止する効果がある。

だから首が痛くなりません。

いや、正直にいうとゼロではないですが、かなり緩和されます。

3. 巻き方は簡単です

マフラータイプのネックピローなので、首に巻く必要がありますが、これはいたって簡単です。

https://jp.trtltravel.com/products/trtl-travel-pillow

人によって好みがあると思うので、まずフリッパーを左右どちらに持っていくかを決めます。

決めたらフリッパーを顎の下に持ってきて、フリッパーとは反対側に生地をぐっと伸ばしてから、首に巻きます。

巻いたら、マジックテープがついているので留めましょう。何度かトライすると、自分にとっての最適ポジションが見つかります。

あとは寝るだけ!!

うちのブースカにちょっと使ってみてもらいました。

ちょっとマフラーじゃなくてマントみたいになっていますが、ブースカの首はがっちりとホールドしています。

4. 軽くてかさばらない!

いくら機能的なネックピローでも重くてかさばってしまっては、携帯しづらいですが、その点は大丈夫。

重さは136g。おや、というほどの軽さです。

フリッパーは入っていますが、基本、マフラーのような形状だからたいしてかさばりません。ホントのマフラーのようにくるくる巻いて畳んでというのは無理ですが、U字型よりは場所をとらないかも。

私は飛行機に乗るときはいつも、マジックテープで留めた状態にして腕にかけて持ち歩いています。

5. 生地は洗えます!

フリース生地からフリッパーは簡単に取り出すことができます。

なので洗濯もカンタン。フリースだからすぐ乾くのもいい。寝ている間によだれがついちゃったなんてときにはすぐ洗いましょうー。いつも清潔に使いたい。

6. 色は3色

「Trtl Pillow ネックピロー」の色は、グレーと黒、赤、ピンクの4色。

なんですが、赤はちょっと微妙な色。あまり冴えた色出しじゃないですが、まあ実用品だから贅沢はいわず、私はグレーを使っています。

7. 類似品を試してみたけれど…

Amazonでも楽天でも、この「Trtl Pillow ネックピロー」に似た商品はいま多数出回っています。値段も安いモノだと1000円以下で手に入る。

実は、私、オット用にちょっと安い「Travel Pillow」を買ったのですが、見た目はまったく同じです。遜色ない。フリッパー(もどき)もちゃんと入ってます。生地もフリースだし、マフラーのように巻くのもまったく同じ。

が、フリッパーの構造が違います。

比べてみましょう。下が、「Trtl Pillow ネックピロー」のフリッパー画像です。

次が、「Travel Pillow」のフレーム画像。

ね。フレームの形が違いますよね。一番肝心ともいえる上下の部分、つまり顎を支えるパーツがない。だから、ホールド感が弱いのです。

実際、一度機内で使ってみましたが、目覚めた後の首の痛みは「Travel Pillow」の方が強かった。

値段は「Travel Pillowの方が安いのですが、この違いは致命的。買うなら絶対に「Trtl Pillow ネックピロー」をおすすめしますー。

が、いま見たらAmazonでは在庫切れ。なんと。

Amazonの販売ページ

メーカーのサイトで売っているので、買うならこちらでしょうか。

Trtl Travel Pillow

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です