LGBTに優しい旅行先はこちらです

LGBTQI

LGBTの人たちにフレンドリーな旅行先、と聞くと、どんなイメージを持ちますか?

私は断然良いイメージ。マイノリティに優しい場所なら、そうではない人にも快適に旅行できるに違いない。

ユニバーサルデザインの製品がどんな人にも使いやすいのと同じ。旅行先としてのポイントは高いです。

SMARTER TRAVELに出ていた「LGBTQIにフレンドリーな場所」を紹介します。

*LGBTQIとは、Lesbian, Gay, Bisexual, Transgenderに加えて、Queer/Questioning(自らの性自認や性的指向に迷い探している状態)、Intersex(性分化疾患)の略



オーストラリア・シドニー

ここで選ばれた場所の基準は、LGBTQIの人たちが安全に快適に活動しやすい場所であること。さて、最初に紹介されていたのがシドニーです。

2017年には同性婚が法的に認められたオーストラリアの中でも、シドニーは毎年2月に大規模なゲイとレズビアンのパレードが開催される都市。それだけに、LGBTQIへの理解度も高いのでしょう。

乗り継ぎで一度町中に出ただけですが、魅力的な場所であることは間違いありません。それで、LGBTQIに好意的ならなおよし、ですよね。

米国・カリフォルニア州ロサンゼルス

これも納得。

ゲイカルチャーの中心地としても有名で、ゲイ御用達のバーやレストランも多数あり。LGBTQIのセレブが足を運ぶ場所でもあります。

アイルランド・ダブリン

アイルランドで同性婚が合法化されたのは2015年。ダブリンはゲイの中心地として機能しています。

だって、首相がゲイであることを公表している国ですもんね。そりゃ、フレンドリーなはずだわ。

毎年5月には、「International Dublin Gay Theatre Festival」というイベントも開催。ゲイをテーマにした映画やお芝居、美術などアート系の作品が集結するようです。

オランダ・アムステルダム

これもしごく納得。

だって、オランダと言えば世界で最初に同性婚を合法化した国ですよ。LGBTQIにフレンドリーじゃないはずがない。

毎年7月終わりから8月はじめにかけては、大規模なゲイパレードが開催されています。

LGBTQI

https://www.smartertravel.com

派手でいいなあ。みな、楽しそうです。

スペイン・バルセロナ

1978年からLGBTのムーブメントが起きていたというバルセロナ。同性婚は2005年には実現しています。

歴史があるだけにLGBTQIの人は旅行しやすいそう。

また、バルセロナから電車で1時間ほどで到着する美しいビーチのある町・シッチェスもLGBTQIの人にとっては魅力的な場所のようです。

シッチェス

http://www.visitsitges.com/

このシッチェス、写真で見ると本当に美しい。バルセロナにまた行くことがあったら訪ねてみたいと思いました。

南アフリカ・ケープタウン

この記事によると、アフリカはほぼ全域でゲイフレンドリーだとあります(ホント?)が、中でもケープタウンのフレンドリーさは図抜けているようです。

南アフリカは1996年にLGBTの人々の市民権を正式に認め、その10年後には結婚も合法化。ホントに進んでいる国なんですね。

一度行っただけですが、ケープタウンは旅行者にフレンドリーな都市でありました。だから、LGBTQIにも優しいというのは非常に合点がいきます。

カナダ・モントリオール

トルドー首相がゲイパレードに参加する国です。カナダという国全体がゲイフレンドリーなような気がしますが、モントリオールは別格の様子。

アンティークショップからブティックからカフェ、バーに至るまで、LGBTQIの人が利用しやすい店がずらりと揃っているんだとか。

ウルグアイ・モンテビデオ

カソリックの国が多い南米で、ウルグアイはもっとも世俗化している国。

首都モンテビデオは、ポピュラーなゲイのトラベルスポットなのだそう。ゲイ向けレストランもホテルも大変に充実しているようですね。

アメリカ・ルイジアナ州ニューオリンズ

ニューオリンズは、解放された奴隷、フランス人、スペイン人、カリビアンたちなど、さまざまな人種のるつぼ。

多様性に満ちているから、LGBTQIにもフレンドリーなのは当然かも。

メキシコ・プエルトバジャルタ

今回出てきた都市の中で唯一知らなかった都市、プエルトバジャルタ。

太平洋岸にあるリゾートタウンで、1980年代からすでにゲイフレンドリーだったそうです。

プエルトバジャルタ

https://www.smartertravel.com

写真でわかるように、なんともカラフル。ザッツメキシコな町の景観が楽しすぎます。

きっと明るい陽光に満ちた場所なのでしょう。LGBTQIにもオープンで優しい空気が漂っていることが想像できます。

以上、LGBTQIにフレンドリーな旅行先シリーズでした。

ここにリストアップされた都市にはやはり好感が持てます。どんな人でも差別せずフェアに扱い、優しくオープン。これって、誰にとっても楽しい旅先の条件じゃないですか。

とりあえず、シッチェスとモンテビデオに行きたくなった私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です