エルアル航空の機内食の容器デザインが素敵すぎる件

エルアル航空

sponsored link

多分、利用する機会はこの先、限りなくなさそうなのですが、この機内食のデザインには見惚れてしまいました。

イスラエルのエアライン、エルアル航空の機内食です。

エルアル航空

https://thedesignair.net/2017/03/03/el-al-starting-to-invest-in-design-innovation/

すっきりとしたデザイン、色使いの美しさが際立ってませんか。こんな機内食って見たことないよ。

エルアル航空

https://thedesignair.net/2017/03/03/el-al-starting-to-invest-in-design-innovation/

デザインを担当したLily.designによれば、水をイメージしたとのこと。こんな容器で朝食が出てきたら気分がしゃきっとしそうです。

このLily Desingというのはイスラエルにあるプロダクトデザインの会社(HPはココ)。HPを見ると、やはりエルアル航空で採用しているブランケットもデザインしています。題して、ウエアラブルブランケット。

エルアル航空

https://www.lyly.design/?lightbox=dataItem-io469z1j

腕が通せるブランケット。色もアイデアもナイス。

と、ここまでは感心したのですが、以下のようなけったいなグッズもデザインしています。これはなんといえばいいのでしょうか。他人から自分の顔を見られないようするカーテンであり、枕にもなるというシロモノ。

b-tourist

http://www.designboom.com/design/idan-noyberg-gal-bulka-flight-comfort-b-tourist-strip-05-12-2014/

B-tourist

http://www.designboom.com/design/idan-noyberg-gal-bulka-flight-comfort-b-tourist-strip-05-12-2014/

うーん。限りなく使うのが恥ずかしい、かも。

こっちはさておき。機内食の中身って、エコノミーに関してはほとんど期待をせずに搭乗するのが正しいと思いますが、こういうちょっとしたデザインで気分もけっこう変わります。

たこ焼きだのうどんだの、メニューに変化をつけるのもいいけれど、日本のエアラインも「デザイン」が果たす役割にもうちょっと注目して、チャレンジしてもいいのではと思うのです。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です