材料を揃えて機内で完成させちゃおう!これが究極の機内食!?

究極の機内食ハック

LCCの有料機内食はもちろんのこと、エコノミークラスの機内食は決して美味しくはありません。思い切り期待値を低く設定しておくのがが一番だよね、というのが私の対策法ですが、いやいや、もうそういう機内食に頼るのはやめて、自分で材料を揃えて手作り機内食を食べようよといろいろなアイデアを紹介している動画を見つけました。題して、「The ultimate in-flight food hacks」(究極の機内食ハック)。

この動画、見ていると実際にやってみたくなります。さて、どういう機内食がオススメされているかというと‥!?



リンゴ&アーモンドバター

究極の機内食ハック

リンゴをカットした後、酸化を防ぐためにまた元の形に戻してからズレないようにゴムで留め、小さな容器に入れたアーモンドバターとともに容器に入れます。で、機内でカットしたリンゴにアーモンドバターをつけて食べるだけ。

究極の機内食ハック

アーモンドバターをそもそも食べたことがないのでわかりませんが、見ていると美味しそう。機内でリンゴ。いいかも。

オリジナルのグラノラ+ミルク

究極の機内食ハック

ジップロックに、グラノラ、アーモンド、ドライフルーツ、ミックスシード(かぼちゃの種とかひまわりの種とか)を入れて、袋を振って混ぜましょう。機内でプラスチックのコップにオリジナルのグラノラを入れたら、CAさんにミルクをもらって食べます。

究極の機内食ハック

LCCではミルクはもらえないので(あっても有料)、やるとしたらフルサービスキャリアかな。これは美味しそうです。やってみたい。

コーヒーをアップグレード

機内で飲むコーヒー。当然なんですが、美味しいシロモノではない。風味にかけるといいますか、コーヒーとしては致命的。でも、あるモノをちょっと入れるだけでアップグレードできるらしい。

それはお塩。

究極の機内食ハック本当? ちょっと実践してみなければ。

機内で手作りサンドイッチ

新鮮なサンドイッチなんて機内で望めるはずがない。でも、冷凍したパンを使って手作りサンドイッチを作って持参したら‥?という提案です。

用意するのは、冷凍してコチコチのパン。そこにハムや野菜をサンドします。ここではハムやアボカドやトマト、チーズなどを使っています。冷凍パンを使うのは、具の鮮度を保つため。

究極の機内食ハック

サンドしたらジップロックに入れて、後は持参するだけ。機内で食べたいときには自然解凍されています、というアイデアです。

究極の機内食ハック

うーん、これはどうでしょう。もともとコールドミールがあまり好きじゃないので、私はあまり惹かれませんが、機内じゃなくて、別の機会にやっても面白いかも。

インスタントラーメンを美味しく

このアイデアは楽しかった。袋のインスタントラーメンを持参して機内でお湯をもらって混ぜて食べる方法ですが、最初に用意しておくモノが興味深い。

究極の機内食ハック

まず、タッパーにほうれん草を入れ、その上にインスタントラーメンの麺を置き、さらに海苔を乗せたら、調味料を最後にオンしてフタをします。で、機内で熱湯を注いでもらい(もちろん調味料は取り除いて)、適度なところで調味料を加えて混ぜていただきます。周りの人に注目されそう。ほうれん草を入れるのは、彩りと栄養のためかな?芸が細かい。

究極の機内食ハック

機内で手作りジンジャーティ!?

体がポカポカ温まる生姜入りの紅茶は、寒く乾燥した機内ではうってつけ。どうせだったら、生の生姜を使って作っちゃえというアイデアです。

究極の機内食ハック

まず生姜をスライスして、耐熱容器に入れておきます。あとはこれを機内に持ち込み、CAさんに熱湯をもらうだけ。

究極の機内食ハック

はちみつ漬けの生姜にしたら、甘くてもっと美味しくなるかも。いろいろなバリエーションが考えられそうです。

空の上でカプレーゼパスタ

カプレーゼパスタとは、トマトとモッツァレラチーズを使った冷製パスタ。これを機内で食べるってどういうこと? 以下の手順で作ってました。ここではモッツァレラチーズじゃなくて、パルメザンチーズを使っています。

究極の機内食ハック

まず、パスタをゆでて、その間にチェリートマト、ニンニク、フレッシュバジルをカット。タッパーにゆであがったパスタを入れて、切った具を乗せます。一番上にパルメザンチーズをトッピングしたら、フタをしましょう。

究極の機内食ハック

あとは機内でお湯をもらうだけ。

究極の機内食ハック

お湯をかけたら混ぜ混ぜして食べます。

えっ?味付けはパルメザンチーズだけ?と思ったら、カプレーゼパスタの味付けって、本当にチーズがメインでした。あとは塩とかオリーブオイルとか。チーズは塩分効いているから、それで済むのかな? でも、塩やオイルを加えた方がもっと美味しくなりそうです。

ノンアルコールカクテル、モクテル

モクテルというのは、アルコールを使わないカクテルもどきのドリンクのこと。

究極の機内食ハック

小さな容器(フタがきっちり閉まるタイプ)を2つ用意して、1つにシーズニングソルトを、もう1つにホースラディッシュを適量入れます。この2つの容器を入れたジップロックにセロリとホットソース(袋入り)も加えて、機内に持参しましょう。

究極の機内食ハック

機内で、コップに氷とトマトジュースをもらって、そこに持参したモクテルの材料を入れていきます。最後にセロリで混ぜて準備完了!

究極の機内食ハック

動画ではホットソースとありますが、タバスコのことなんだと思います。要するに、アルコール抜きのブラッディマリーですね、これは。起き抜けには、ピリッとしていいかもしれません。

私が一番やってみたいと思ったのは、オリジナルのグラノラかな。インスタントラーメンも楽しそうな気がします。さて、あなたは‥!?

動画はこちら

このアイデア以外にいま私がやってみたいと思っているのは、機内で本格的なコーヒーを自分で淹れる方法です。といっても、豆を挽くミルはその形状から荷物検査でひっかかりそうなので(武器っぽいし^^;)、挽いた豆をジップロックに入れ、ペーパーフィルターとドリッパーも持参して、CAさんに熱湯をもらってその場で淹れたいと思っています。

これ、以前取材したことがあるコーヒー好きの作家(女性)に教えてもらった方法でして、そのこだわりに感動しました。コーヒー好きとはいえそこまでやるんだ、スゴイって。

旅立つ前はいつもバタバタしていて、これまで準備できずにいたのですが、次回に乗るときはチャレンジしてみるつもり。淹れたてのあの香りを楽しみながらコーヒーを飲むぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です