KUL発 羽田経由 那覇行きのANAチケットにピーチとエアアジアを組み合わせてみました

クアラルンプール発券

今日、紹介するのはちょっと変わったルートのANAのチケット。

私は、クアラルンプールで発券した羽田経由那覇行きのこのチケットに、ピーチとエアアジアを組み合わせることで、バンコクー東京を約4万円ちょっとで往復できました。その詳細を紹介します。

KUL発 羽田経由 那覇行きのANAのチケットが安い!

私は航空券の検索が趣味です。スカイスキャナーとかエアラインのサイトを使っては、これでいくらなんだろうとか、このルートだといくらになるんだろうとか、時間があればリサーチしています。

で、あるとき見つけたのが、クアラルンプール発 羽田経由 那覇行きのANAのチケットでした。

クアラルンプール発券

なんとも奇妙なルートではありますが、このチケット、すごく安いんです。私が買ったときは5万6000円でした(燃油サーチャージなど諸経費込み)。

でも、ただこのまま飛ぶのではつまらない。で、考えました。

このチケットは羽田でストップオーバーする形にして、そこにピーチのバンコク-那覇、エアアジアのバンコク-クアラルンプールを組み合わせれば、バンコクー東京を格安で往復できるんじゃないの?

ピーチとエアアジアを合わせてみた結果…?

早速、やってみました。私が買ったのは以下のチケットです。

  1. ANA:クアラルンプール→羽田→那覇→羽田→クアラルンプール 5万6000円
  2. エアアジア:バンコク→クアラルンプール→バンコク 1万円
  3. ピーチ:那覇→バンコク→那覇 2万1000円

1のチケットは、往路は羽田でストップオーバーし、2週間ほど東京に滞在した後、那覇に向かい、復路も羽田でストップオーバーしてクアラルンプールに戻りました。

で、最終的にどのようなルートでバンコクー東京を2回往復したかというと

  • 1回目の往路 バンコク→クアラルンプール+クアラルンプール→羽田(ストップオーバー=東京に滞在)
  • 1回目の復路 羽田→那覇+那覇→バンコク (バンコクに戻る)
  • 2回目の往路 バンコク→那覇+那覇→羽田 (ストップオーバー=東京に滞在)
  • 2回目の往路 羽田→クアラルンプール+クアラルンプール→バンコク (バンコクに戻る)

はい。これで完了です。図で示すと↓のようになります。

海外発券

計算すると、バンコクー羽田の往復料金は、(5万6000円+2万1000円+1万円)/2=4万3500円なり

ANAを使って、那覇にも行けて、それでこの値段というのはなかなかスグレモノではないでしょうか。普通にバンコクー東京のANA往復だと6万円はするので。

  • 経由便が気にならない
  • 面倒くさいルーティングが苦にならない
  • お得感がほしい

という方にはオススメです。那覇は予想以上に楽しかったので、このルーティング、また利用してみるつもりです。

なお、私の場合、バンコクに住んでいるので、エアアジアを使えばクアラルンプールまで安く行けますが、東京からだとクアラルンプールまで行くのに高くかかるという難点がありますよね。その場合には、

  • 特典航空券を使う
  • エアアジアXの安いチケットを狙う

という方法を使えば、安く行けそうです。

海外発券にはこんなチケットも

海外発券の楽しい(お得感のある)チケットはたくさんあります。

例えば、台北発。

  1. JAL  台北→日本→ニューヨーク→日本→台北 3万4500台湾ドル(約12万8000円)
  2. JAL  台北→日本→ホノルル→日本→台北 3万1200台湾ドル(約11万6000円)
海外発券

1も2も、日本ー台北の往復チケットを別途用意する必要がありますが、このルートはいまたくさんLCCが飛んでいるのでセール時期を狙えばむちゃくちゃ安くなります。往復で1万円とか。それに1や2のチケットを組み合わせれば、台北旅行とニューヨークやホノルル旅行を2回楽しめるわけです。

台北発券については、こちらの旅行会社がオススメ。日本語も使えるし、私も何度も利用していて、レスポンスも早いです。ああ、旅行を夢想するのって楽しい!!!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です