食べ物が美味しい国際都市ベスト10

美食の国際都市ベスト10

旅行先を選ぶとき、「食」は大きな決め手になります。食事が美味しいと聞けば行きたくなるし、「ちょっとね」という評判を聞けば、行きたい気持ちが陰ってくる。

食の美味しい都市ってどこなんだろう。Travel+Leisure誌が楽しい特集をしていました。「The Best International Cities for Food」、つまり、食事の美味しい国際都市10選ですね。

以下、その顔ぶれです。

  1. ベイルート(レバノン)
  2. サンセバスチャン(スペイン)
  3. パリ(フランス)
  4. フィレンツェ(イタリア)
  5. ボローニャ(イタリア)
  6. ローマ(イタリア)
  7. サン・ミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)
  8. チェンマイ(タイ)
  9. バルセロナ(スペイン)
  10. ボルドー(フランス)

ご覧のように、イタリアからは3都市が、スペインとフランスからはそれぞれ2都市がランクイン。ラテンの国は強いね。

その中にあって、アジアから我がタイランドが選ばれているのはうれしい限り。でも、チェンマイじゃなくてもタイは食事は美味しいと思います。

注目すべきは1位のベイルートでしょう。美食の都市として名高いサンセバスチャンもパリも抑えての第1位。レバノンには行ったことはないのですが、考えてみると、レバノン料理店ってよく見かけます。バンコクにもいくつもあるし、食事が充実した都市という評価なのでしょう。

メキシコのサン・ミゲル・デ・アジェンデにも興味を惹かれました。調べてみると、世界遺産があって、町並みが可愛い観光地なのだとか。中南米にはまったく足を運んだことがないけれど、メキシコは前から行ってみたかった。その気持ちを後押ししてくれた情報です。

ここで、Travel + Leisure誌の向こうを張って、私の個人的経験から「食事が美味しかった都市」のベスト10を挙げてみました。

  1. バンコク(タイ)
  2. 香港
  3. イスタンブール(トルコ)
  4. ホーチミン(ベトナム)
  5. フィレンツェ(イタリア)
  6. ローマ(イタリア)
  7. ケープタウン(南アフリカ)
  8. 台南(台湾)
  9. パリ(フランス)
  10. 東京

一応、順位をつけてみましたが、ほぼ順不同。どれも甲乙つけがたいです。

ケープタウンはねー。お寿司が美味しいのだ、お寿司が。だって、マグロの本場だから(日本の漁船ってこのへんまで取りに行っている)。あ、お寿司以外もいけました。ご飯が美味しい都市だったなあ。

ちなみに、4月は1週間、ホーチミンに滞在することにしたので、思い切りベトナムの食を満喫したいと思っています。

 

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です