プレミアムエコノミー第1位! ニュージーランド航空体験記

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

エコノミークラスとの差別化を図ろうと、最近、増えてきたプレミアムエコノミー。始まりはエバー航空とされていますが、いまではメジャーどころのエアラインにはほぼほぼ導入されているのでは。内容は、座席はエコノミーよりちょっと広くて、食事はビジネス並みというエアラインが多いのかな。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

私は、ニュージーランド航空でしかプレミアムエコノミーを体験したことがないのですが、英国の航空サービスリサーチ会社・Skytraxが選ぶ「World’s Best Premium Economy Class Airlines」では、ニュージーランド航空は第1位を獲得しているんですね。ちなみに昨年も1位。

1年前の体験ではあるのですが、シートもアメニティも機内エンタメも機内食も本当に◎。世界1位評価も納得でした。以下、そのときの模様をご紹介します。



1. ガタイの良い人でもOK、座席は広々

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

シートピッチは104センチ。一般のエコノミー席は80cm前後なので、1.5倍近い。楽々の広さです。この写真だとちょっとわかりづらいけれど、ガタイの良いうちのダンナさんもゆうゆうのスペースでした。

2. これがアメニティキットなの!?

アメニティキットはエコノミーと共通なのかな。紙の袋に入ってまして、封を切って開けるようになってました。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

最初は、この中にナッツやキャンディでも入っているのかと思いましたよ。ナッツにしては量がすごいな、さすがニュージーランドって^^; 中身は以下。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

靴下、リップバーム、ボールペン、歯磨き、アイマスク、耳栓でしたが、結局使ったのは、アイマスクだけ。このアイマスクが洒落ているんだ。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

これが表で、裏はこちら↓

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

これは重宝しそう。次の空旅にも使わせていただきます。

3. 充実!満足! 機内エンタメ

長距離フライトのお楽しみといえば、私の場合、映画です。今回なんか、往復で6本も見ちゃったよ。日本語で楽しめるプログラムが豊富なのも良かった。

ちなみに鑑賞したのは、肩のこらない映画ばかりで、キングスメン、ターミネーター:新起動/ジェネシス、ジュラシック・ワールド、ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション、ワーキングガール、フェーム。あと、早回しでおしゃれ泥棒なども楽しみました。

プレミアムエコノミーのパーソナルモニターは11インチ(ビジネスクラスと同じ、ちなみにエコノミーだと9インチ)とでかいので、非常に見やすい。あと、操作がわかりやすいのも良かったな。感覚で操作できるんですよ。ユーザービリティが非常に高い。これって大事。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

これがモニター画面。どうです。プログラムにニュージーランドらしさが満ちている。ちょうど、ワールドカップでニュージーランドが優勝した1週間後だったので、ラグビーに関するプログラムがさらに多くなっている様子。機内でも見ている人がたくさんいました。

4. 堪能しました機内食、デザートも◯

往路は、夕食と朝食付き。夕食の中身は、前菜が和風前菜の盛り合わせプレート、卵焼き、鯛、小エビ、タロイモ、タチウオと牛蒡の旨煮、花みょうが、百合根。 メインコースは、牛肉の煮込み、和食(青ヒラスの煮付けと青菜ご飯、旬の和野菜)、ベーコンとトマトチキンルラードの3つの中から選びます。

私は牛肉、ダンナはチキン。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

ケーキが食べかけでお恥ずかしい。牛肉の煮込みに、パンチェッタ入りマッシュポテト、ほうれんそうのソテー、ズッキーニ、グレモラーターソース添えです。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

こちらは、ベーコンとチキンルラード、スモークパプリカアーモンドソース、ハニーマスタードキャロット、ほうれん草であります。パンも当然付いております。ガーリックブレッドやウォールナッツロール、チャパタロールなど6種類ほどあったかな。

私たちはどれもおいしくいただきましたが、特によかったのは実はデザート。機内食のケーキって美味しいものってほとんどない、と思っていたら、いけるじゃないですか。今回のデザートは、ゆずケーキwithホイップクリームとシトラスソースでした。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

朝食は、フルーツ、シリアル、ヨーグルト、クロワッサン、ジャム。温かい料理は、和食(酒のグリルほか)、フレンチトースト(シナモンアップルとレーズンのコンポート、カスタードクリームなど)、ポーチドエッグとベーコン他、の3つから選びます。

でも、シリアルとクロワッサンでお腹が満ちてしまったため、温かい料理はパスしてしまった。頼めばよかった。心残りだ。

復路(オークランド→成田)の機内食も紹介します。昼食と夕食が出てきて、昼食は、前菜がスモークサーモンのカルパッチョ、大根、フェンネル、トビコの付け合せ。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

メインは、ビーフのマッシュルームソース煮込み他、和食が鶏もも肉の柚子風味グリル他、ハプカ(スズキ科の魚)のポワレパプリカ 風味他の3種類。私は、和食を、ダンナはビーフをチョイスしました(写真を撮り忘れた!)デザートはチョコレートムース。これがまた美味。ニュージーラン ド航空のデザートははずせませんぜ。

夕食に行きましょう。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

前菜が、ローストチキンのチャーシュー風、みかん、れんこん、カシューナッツ、クコの実、海鮮醤。

メインは、シーフード盛り合わせプレートの和食と、牛肋肉の煮込み他、鶏胸肉のロースト他の3種類。私は鶏を、ダンナは和食を選んだのですが、この和食が 最高に美味しかったそうです。中身は、鯛、鮭、エビの盛り合わせとナス、カボチャの旨煮とゆかりご飯。右奥にちょっとだけ見えるのが、デザートのココナッツレモンタル トwithパッションフルーツ風味のマスカルポーネ添え。またまた、このケーキがgood

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

こっちがダンナが選んだ和食。本当に美味しい、と言っていたので、ちょっと悔しかった私。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

チキンの方はまあ、それなり。和食を頼めばよかったなあ。

このほかにもデザートがありまして、私が選んだのはこちら。

ニュージーランド航空プレミアムエコノミー

オーストラリアやニュージーランドの名物ケーキのラミントン。スポンジ生地にココナッツをたっぷり使ったおいしいケーキです。

5. 総評

画面から、コーヒーや紅茶をオンデマンドで注文できたり、別の座席の人とチャットできたりとさまざまな便利なサービスが導入されていて、本当に長時間が少しも苦にならなかったオークランドへの旅。

何 より、CAさんたちが本当にフレンドリーなんですよね。押し付けがましくなくて、ほどよくさっぱりとしたサービスは、受けていて快適です。慇懃無礼に近いレベルのサービスが苦手な私には心地よい。ニュージーランド人のホスピタリティって高いんだなー。その感想は、ニュージーランドの南島を回ってさらに強まることになるのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です