こうすれば機内で快適!二人で旅行するときに使える「座席指定のコツ」

座席の予約

私は、基本、夫婦で旅行しています。

つまり二人。飛行機の座席も当然隣同士なんですが、あえて違う形で席を押さえることがあります。その方が、快適に過ごせる可能性が高いから。

それはどういう方法かといえば‥!?



3席の並びの端と端を抑えよう

これにつきます。ただし、この方法を使うのは、中央の列が3席の並びのときのみ。4席だったり、(まれに)5席だったりする場合には使えません。

中央の列が3席並びのときに、オンラインで端と端の席を予約しておくのです。

例えばこの図。B787-900のシートマップですが、矢印のように、中央の列の端と端を予約します。

座席の予約

隣同士で席を予約しないで、端と端を予約しておくと、何がどういいのか?

端と端が埋まっている真ん中の席を好んで予約したいと思う人はまずいないです。赤の他人にはさまれてフライトを過ごすなんて、どう考えても窮屈で気詰まり。この席を避けて予約しようとします。

もちろん超繁忙期で、どうしてもこの席しかないってときは別ですよ。でもそこまででなければ、真ん中の席は避けられる可能性が大きい。

つまり、誰も来ない確率が高いということ。そうすると、並びの3席を二人で使えることになるので、とっても快適。ちょっと荷物を置いたり、ひじかけを戻せる場合には、2席分をベッド代わりにして横になったりね。

何よりトイレに行きやすい。

他人が隣にいると、自分が行きたいタイミングでトイレに行きづらくないですか? 寝ていたりすると起こすのは悪いなと思ってトイレに行けなかった。なんてこと、過去に何度も体験しました。

でも、隣席が夫だったり妻だったり友人だったりであれば、気兼ねなく言い出しやすい。これは楽です。

なお、中央の列が3席並びじゃなくて、4席並びの場合にこの方法を使わないのは、端と端を押さえても、その間の2席が空いていた場合、押さえられる可能性があるから。他人にはさまれた1席と2席とでは、天と地との違いがあるはずです。

オンラインで指定しておくのは、カウンターでやってしまうと、席を詰められる恐れがあるため。「お二人ですね。じゃ、この並びで」とされちゃったら困るしね。ネットで指定しておくほうが気が楽です。

もし真ん中の席に他人が来ちゃったら?

機内満席で、自分たちの隣の席も埋まっちゃった。そんなときもご心配なく。

席を代わってもらえばいいのです。

ど真ん中の席を通路側の席と代わってくださいとお願いして、断る人はまずいません。誰も好き好んで、知らない人にはまされた席などには座りたくはないからね。

なので、万が一、真ん中が予約されたとしても心配する必要はナシ(これは経験済み。太鼓判を押せます)。

ついでにいうと、座席の配列が2-4-2の場合、私たちは窓際の2席を取ります。これだと他人が介在しないのですごく楽。3-4-3の場合は、中央の列の通路側から並びで2席。

さらに付け加えると、フライト時間が3時間未満の場合は、気にせず窓際の席を指定します。基本、外を見ながら飛びたいタチなんですが、長距離フライトになると生理的な問題がからんでくるので、トイレに行きやすさを優先するかな。

いつもビジネスクラスで飛べるならこんな工夫は(ほぼ)要らないのですが、現実はなかなかそうもいかない^^; これは庶民の知恵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です